今週から新年度入りとなるが、一般鋼材市況は代わり映えせず弱基調が続く見通し。 H形鋼や一般形鋼など形鋼類は荷動きが盛り上がらない中、東京製鉄の値下げ発表や少ない案件をめぐるゼネコンの価格競争で指し値が厳しくなっており、相場の下押し圧力が強まりそうだ。 鉄スクラップは先月10日以降、地場メーカーの購入建値が据え置かれており、小康状態が続こう。...