欧州アルミニウム協会(EA)は24日、米国が欧州諸国を対象としたアンチダンピング調査を開始することに対し懸念を表明した。欧州にとっては米国が2018年3月に導入した232条によるアルミ製品への追加関税に次ぐ措置であり、EAのゲッツ局長は「欧州と米国の間に貿易障壁が存在することを非常に懸念している。我々は互いに追加の貿易措置を取るのではなく、...