形鋼類は東京製鉄の販価引き下げの影響が気掛かりで、他メーカーの動向を含めて状況を確認しながら採算ベースの商い継続に努めたい。 ここにきて新規の話が少しずつ出始めてきた。しかし大型物件の端境期で、足元では中小物件も少ないことから出庫量は伸び悩んでいる。また、東京製鉄の販価引き下げで在庫の簿価との兼ね合いや、新型コロナウイルス感染拡大による投資...