大手真空熱処理メーカー、メタルヒート(本社・愛知県安城市、社長・原敏城氏)は、熱処理能力の増強に向けた大規模投資を行う。石川県羽咋郡志賀町に新工場を建設し、今年秋をめどに部分稼働をスタートする。能力の底上げを通じてニーズ対応力の強化を図るとともに、設備増強を実施しながら受注の間口を広げ、さらなる加工数量増を目指す。総投資額は約8億円。