今週の北海道地区一般鋼材市況は帳破環境を迎えて形鋼・棒鋼類を始め各種鋼材で弱気ムードが先行しており、関東・関西地区の動向に注視する展開が続きそうだ。 冬場不需要期から変わり目を迎えているが、新規建築案件の端境期とあって、足元の荷動きは中小物件向けの流通倉出しを筆頭に精彩を欠いている。これに加えて東京製鉄の販価引き下げ発表が引き金となり、安指...