中国の普通線材価格に反転の兆しが出てきた。3月第3週目の普線市況(上海市場)はトン3630人民元(約5万5千円、1人民元=15・3円で換算)前後の推移となっており、前週末比およそ2・3%上昇。普線価格は旧正月明け以降、新型肺炎の影響で下落局面が続いていたが、底入れムードが広がることで、日本向けを含めた輸出価格も反転する公算が強まりそうだ。 ...