機械構造用炭素鋼(SC材)は荷動きが振るわない。市中相場はS45C=13万円どころでもち合い。 実需が冷え込む中でも仕入れ値が下がらず、値引きしても数量を伸ばせない状況下で目立った安値は見られない。トヨタの来年度上期ヒモ付き価格が横ばい決着したことも下支え材料となり、「年度末環境下で瞬間的に下値寄りとなる可能性もあるが、中心値が切り下がるこ...