2020年春闘で、日本製鉄、JFEスチール、神戸製鋼所の高炉3社はきょう11日、一斉に回答を行う。組合側が要求した「基本賃金への財源投入」については回答せず、定期昇給実施のみを回答する。高炉メーカーを取り巻く経営環境は厳しさを増している。会社側は、ものづくり力強化に向けた「人への投資」の重要性については認識しているものの、「非常事態」と言える...