条鋼建材製品は、需給バランスが緩んだことに加え、鉄スクラップ安も重なって主要製品の価格帯が切り下がった。 異形棒鋼は下旬に2千円下落した。電炉各社が新年度の大型物件着工を見据えて売り腰を強めてきたが、原料安や年度末前の売り上げ確保のため安値を提示する事例も見られた。需要家の指し値も厳しくなり、下値寄りでの展開となった。 H形鋼や一般形鋼も2...