大手アルミ二次合金メーカーと原料問屋間で行われる関東地区の3月前半積み原料買値交渉は、前回から上物類、スソもの類ともおおむねキロ当たり3円引き下げで決着した。海外アルミ市況の低調な値動きが影響したとみられる。 また、一部では新切アルミなど上物類に関しては5円引き下げの動きも見られた。 ロンドン金属取引所(LME)アルミ市況は、新型肺炎の景気...