建設経済研究所によると2020年度の建設投資額は63兆2700億円で前年度比1・8%増となる見通しだ。分譲戸建ての着工増の一方で持ち家、貸家および分譲マンションの着工減が見込まれ、住宅着工戸数が同4・2%減、民間住宅建設投資も同1・2%減を見込む。一方、民間非住宅建設投資は同3%増、政府建設投資が同3・5%増となる見通し。 19年度の政府建...