鉄スクラップは弱含み横ばい。値下げ局面が続いたことでヤード業者の出荷が増加し、市中の在庫が減少傾向にある。当地では周辺地区と比較し、やや下げ幅のピッチが緩やかになってきた。 異形棒鋼は現状、弱横ばい。物件が中心部の再開発など限定的で、小口化する傾向。流通筋は我慢のしどころ。 ステンレス薄板は昨年のうちにメーカー値上げ分の転嫁を浸透させ、足元...