淀川製鋼所の19年4~12月期連結決算は、売上高1170億7600万円で前年同期比7・9%減、経常利益51億9300万円で同25・6%減、純利益33億4200万円で同20・4%減。 鋼板関連事業の売上高は1081億9300万円で前年同期に比べ減収。鋼板業務に関して、日本ではヒモ付きで輸入材増加の影響などによるめっき鋼板の販売数量減少に加え、...