一般形鋼類は弱横ばいの展開。置き場・ベースサイズでは等辺山形鋼が6×50、溝形鋼は6×65×125で、8万5千~6千円どころ中心の値動き。 越年後も変わらず荷動きに停滞感が見られる。メーカー各社は販価据え置き判断を続けているが、大阪地区の影響もあって先月中に3千円方下押しした流通はさらなる値下げへの警戒感を強めている。足元の鉄スクラップ市況...