米国高炉大手のUSスチールが発表した2019年12月期決算は、最終損益が6億4200万ドルの赤字(約710億円の赤字、前期は11億1500万ドルの黒字)となり、3期ぶりに最終赤字へ転落した。 売上高は8・8%増の129億3700万ドル、営業損益(EBIT)は2億3千万ドルの赤字(前期は11億2400万ドルの黒字)に。鋼材平均販価が58ドル安...