関東地区の鉄スクラップ市況はやや弱気に傾いている。関東鉄源協同組合による1万トンの船積みがきょう24日から29日まで行われ、2月1~13日で1万5千トンが予定されることも地区需給の下支え材料。足元で電炉メーカーの入荷はまちまち。一部電炉で個別対応を含め買値の上げ下げが交錯している。一方、地区指標とされる東京製鉄宇都宮工場の入荷は順調とされ、...