当社はより効率的な製鉄所運営を実現するため、4月に君津と鹿島、釜石、直江津の4所を「東日本製鉄所」として統合・再編成する。君津地区が社の中核を担うことに全く変わりはない。安全・環境・防災を最優先に安定生産に取り組む。 5月末の当所東京地区の休止は最後まで万全の態勢で進める。薄板では建設中の溶融亜鉛めっき設備「6CGL」の着実な立ち上げと新機...