普通鋼電炉メーカー各社は主原料の鉄スクラップ価格下落によるスプレッド拡大で19年度上期は多くが減収ながら増益を確保した。ただ、鉄スクラップは年末にかけて値上がりし、電極価格は高止まり。エネルギーや輸送費、人件費など幅広いコスト高も続く。下期は販売数量の減少も見込まれ、再生産可能な適正販価の実現が急務となっている。さらに中国の雑品輸入禁止で、鉄...