還暦の感想は「あっという間」。まだ実感が湧かない様子だ。 1985年に入社し設備屋としてキャリアをスタートした。とりわけ千葉の熱延ミル建設が印象に残っている。ちょうど米国留学から戻る時期に計画が動きだし、これほど面白い仕事はないと設計チーム入りを志願した。「全員が理想に燃え、チャレンジの連続だった」と奮闘の日々の充実ぶりを振り返る。この熱延...