鉄スクラップ高騰を背景に関東の異形棒鋼市況は昨年12月に急伸。年末には7万円を超えて越年した。だが年初も騰勢は収まらず、足元では7万円台後半からH形鋼並みの8万円をうかがう展開となっている。 電炉メーカーからすれば原料市況の先高観が台頭する以上、売り腰を弱めるわけにはいかないだろう。一方で需要家のゼネコンは、大方の期近案件については昨年中に...