工業用ファスナーメーカー大手の日東精工(本社・京都府綾部市、社長・材木正己氏)はこのほど、溶接学会の研究会「異種接合の最新トレンド」で、異種金属接合技術「AKROSE(アクローズ)」について学会発表した。 学会発表では、同社ファスナー事業部の手島政和氏が「塑性変形を利用した異種金属接合技術」をテーマにプレゼンテーションした。低コスト、省エネ...