名古屋地区の普通鋼鋼材市況は向け先によってばらつきはあるものの、おおむね2月の停滞感から少し抜け出した感じ。採算面では厳しくなっているところが多く、コスト増への対応が課題になっている。特に配送コストの増加要因が大きい。市中在庫には依然潤沢感があるが、調整も進み始めた。 建築関連は上昇機運こそそれほどないが、製造業で設備投資案件などの話も出て...