大阪では4月に入っても肌寒い日が多いため、桜の花が散らず、長い間目を楽しませてくれている。鋼材市況も比較的安定した状況が長続きしている。異形棒鋼は、原料の鉄スクラップ価格が直近のピークから一時1万円下がったが、市況はほぼ横ばいに推移。H形鋼も3月末在庫が大幅に増えたが、売り焦る流通はなく中心値は変わっていない。メーカーが原料以外のコスト高か...