九州地区の二三次製品は、亜鉛めっき鋼板類および普通線材製品とも横すべり調とみられる。新規の引き合いは低調とはいえ、今後は徐々に上向くとみられている。 亜鉛めっき鋼板類は品種や向け先で若干の温度差があるが、総じて底堅い展開。積極的に上値を目指す勢いはないものの、安値折り合いは散見されない。メーカーは販価を段階的に引き上げる一方、需要見合いの供...