配管システム研究や防食鋼管のマーケティング、普及活動を行うIDE研究所の井出浩司代表は、国土交通省官庁営繕部監修の平成元年版公共建築工事標準仕様書・機械設備編(当時は機械設備工事共通仕様書)から平成前期の管種選定動向を分析した。井出氏は「元年版の仕様書では鋼管と継手の新規格(WSP、JPF)が多く盛り込まれ、その後の消火用、排水用で塩ビライ...