条鋼建材製品は、総じて横ばいで推移した。年度末ながらも駆け込み需要は数量が限られ、需給のタイト感は乏しかった。 異形棒鋼は横すべりで展開。市場取引は月央まで旺盛だったが、原料市況が反落すると需要家が様子見に入った。目立った大型案件は少なく、中小物件の商談が中心となった。 H形鋼やコラム、一般形鋼はもち合い商状。メーカー大手2社がH形鋼の建値...