国土交通省がまとめた2019年2月の新設住宅着工統計によると、東北地区着工戸数は3831戸となり対前年同月比で0・1%増と横ばいで推移した。 住宅別に見ると、持ち家は前年同月比1・8%減の1510戸。岩手20%超、宮城10%超のマイナスとなった一方、秋田28%増、青森17%増、山形10%増となり濃淡が見られる。貸家は同2・8%増の1607戸...