中国地区の一般鋼材市況は総じて横ばい基調で年度をまたぎそうだ。基調に目立った変化はないものの、建築需要は堅調推移。H形鋼など条鋼建材製品は大手電炉メーカーなどが引き続き据え置き判断としており、足元は上伸力に乏しい。流通筋は各種コストアップが採算環境を圧迫しており、道半ばにとどまっている仕入れ値上昇分の転嫁に注力する。 異形棒鋼は鉄スクラップ...