カラーガルバリウム鋼板は横ばい。厚番手が需要をけん引する。工場建屋、倉庫、店舗など全体的に出荷は堅調。新年度以降も需要が大きく落ち込むことはなさそうだ。施工を委託する板金店もフル稼働の状態が続く。物件増でも計画通りに施工が進められるか受注を検討することがある一方で、ハイテンションボルト不足の影響で着工が延期されることもあり、受注の山谷が生じ...