日本鉄鋼協会は8日、鉄鋼研究に携わる研究者や技術者ら約1400人が参加する第177回春季講演大会の概要を発表した。20~22日の3日間、東京電機大学の東京千住キャンパス(東京都足立区)で開催する。研究発表件数は492件。大会の一環となる恒例の特別講演会では大同特殊鋼の石黒武社長らが登壇する。 発表件数の内訳は、新規の成果を示す一般講演、討論...