――アルミ業界の現状から伺いたい。 「向け先別で若干の温度差があるものの、2018年のアルミ圧延品(板類)の出荷数量は前年比4・7%減の121万3千トンにとどまった。約3分の1を占める缶材需要が、コーヒー飲料のペットボトル化進展を受けて減少。厚板需要も、堅調だった半導体・液晶装置向け需要の一服が響いて下押した。米中貿易摩擦による中国関連需要の...