金属表面の樹脂コーティング加工を手掛ける流浸工業は25日に株主総会と取締役会を開催し、大久保秀俊専務(38)が社長に昇格した。大久保幸廣社長(71)は同日付で代表権のない会長に就いた。秀俊社長は幸廣会長の長男で、同社3代目社長となる。 大久保 秀俊氏(おおくぼ・ひでとし)03年大阪商業大学経済学部卒、流浸工業入社。07年関東事業部営業課主任...