中部地区アルミ押出専業メーカーの加藤軽金属工業(愛知県海部郡、社長・加藤博穏氏)は今月末に、既存の引張試験機を新鋭機に更新する。より万全な品質保証体制を確立し、付加価値競争力を高める。投資金額は約1200万円。 同社は小ロット、短納期を強みとし、建築、産機、工作機械向けなど幅広い分野にアルミ押出材を月400~450トンペースで生産する。主要...