MIEコーポレーションの18年4~12月期連結決算は配管システム事業が底堅く推移し、現中期経営計画で推進する収益向上策が順調に効果を上げていることなどを反映し、増収増益だった。 しかし、中国経済の減速に伴う設備投資の伸び悩みを受け、昨秋からステンレス継手製品の需要の潮目が変化。12月以降、管材商社などユーザーが在庫調整を進める動きが顕在化し...