東海地区の鋼材流通市場では、ヒモ付きと店売りの二極化がさらに進んでいるようだ。明暗は大きく分かれている。まずは荷動き。店売りは全般に静かな状況が続いているのに対し、自動車に代表されるヒモ付きは綱渡り状態。稼働レベルは高い。価格は、店売りは決着が早いのに対し、ヒモ付きは時間がかかっている。特に自動車は決着が引き伸ばされている感じさえあり、建築...