亜鉛めっき鋼板類は強含み横ばい、普通線材製品類は様子見ムードで推移する展開。 亜鉛めっき鋼板類は流通、メーカーが値上げをアナウンスし、年末から徐々に先高ムードが出始めている。荷動きは災害関連需要が引き続き堅調。一方で職人不足も続き、工期が遅れているとの声も聞かれる。問屋筋は「一部メーカーの生産面での不安もあるが、需要環境としては良い」と話す...