銅・黄銅屑類は8千円下落。市中相場は1号銅線=57万3千~8千円、黄銅削粉=43万5千~44万円どころの値動き。 銅建値は11日に1万円引き下げられ68万円となった。指標となる海外銅市況の下落を反映。つれて市中スクラップは上物類、亜鉛建値の下落分が加味される黄銅系などを中心に8千円の下押しとなった。 原料問屋の商いは年始から閑散模様が続く。...