古河電工は3日、世界トップレベルの耐熱性能を備えた無酸素銅条「GOFC」を開発したと発表した。成分規格を変えずに、製造条件の工夫による独自の組織制御技術を応用。800度の高温下でも、顧客が使用する際の支障につながる結晶粒の粗大化を抑えられる。パワー半導体関連のリードフレーム材などの用途に期待しており、現在はサンプル出荷を進めている段階。6月...