九州地区の一般鋼材市況は強含みだろう。素材高を背景にしたメーカー販価の引き上げを受けて、基調は引き締まりつつある。ただ、師走入り後も荷動きは低調。景気減速を受けて設備投資に慎重な姿勢が目立ち、扱い筋は仕入れを抑制。新規の商談は振るわない。 採算が悪化している流通としては、メーカーの強気に追随したいところだが、荷動きが伴っていないだけに容易で...