東北地区の一般鋼材市況は強横ばい調。年内の商売が見えてきたが、足元の荷動きにつながる商談は少なく繁忙感に乏しい。メーカー値上げに応じた流通の価格転嫁は、需要の下支えに力強さがなく、思うように進んでいない。 鉄スクラップは国内発生減、海外市況高により様子見強含み。東京製鉄宇都宮工場の購入価格値上げに対し、地場電炉も追随する姿勢が続く。メーカー...