SC材(機械構造用炭素鋼)はS45C=10万円どころ中心で強含み基調。昨年11月契約以降のメーカーの店売り値上げを受けて値上げ玉の入荷が進んでおり、市中の値上げ転嫁は待ったなしの状況。 市中の荷動きは活況ではないが、自動車、建機関連を中心に内需は堅調を維持し、軸受鋼などを含めてメーカーの生産は高いレベルで推移している。自動車関連比率の低いメ...