日本鋳鉄管(社長・日下修一氏)は埼玉県が2011年度から行っている「ゼロカーボン埼玉」の取り組みに賛同・参画しており、このほど同社のCO2排出削減目標の大幅な超過達成分2万1333トン(約1200万円相当分)を寄付した。 「ゼロカーボン埼玉」とは、埼玉県が実施している「目標設定型排出量取引制度」を活用して創出されたオフセットクレジットの寄付...