東海コイルセンター工業会(会長・小河通治小河商店社長)がまとめた11月のコイル・鋼板流通調査によれば、入荷は市中在庫の減少などを受けて増えたものの、出荷は前月よりも減少。月末在庫は自販分を中心に減少が目立った。加工量調査では、レベラー、スリッターともに前月を若干下回ったものの、全体ではほぼ前月並みの水準になった。自動車関連向けを中心に繁忙感...