異形棒鋼は、鉄スクラップ高で流通の唱えは7万円以上だが、ゼネコンに買い気なく、ノミナル化している。年明けも強含みに推移しそうだ。 H形鋼や一般形鋼は、メーカーの大幅値上げで、流通の採算に対する危機感が強まっている。足元はベース=7万8千円がほぼ固まり、年明けは8万円に向け、さらに上伸しそうだ。平鋼も同様で、9万円を目指す展開となろう。 薄中...