東北地区の一般鋼材市況は素材高を背景に各品種でメーカーの値上げ発表が相次ぎ、強含み。一部在庫では品薄感を指摘する声もあり、店売りに対するメーカーの供給体制に注目が集まる。需要面は自動車向けは復調感が顕著。建材は総じて低調。各流通は需要減、需要家の下げ圧力の中で転嫁値上げを表明し収益確保を目指す。 鉄スクラップは強含み。指標となる東京製鉄宇都...