日本製鉄は、熱延黒皮・酸洗、冷延、めっきの全品種を対象に国内店売り向け薄板の1月積み受注見送りを決め、需要家や流通各社に申し入れを開始した。自動車分野を中心に需要が復調し、需給もタイト化。「ヒモ付き需要家に対してもミニマム在庫率の継続運用や納期調整などをお願いしている」(薄板営業部)中で店売り受注を見送らざるを得ないと判断した。1カ月分の全面...