冷間圧造用(CH)鋼線・磨棒鋼大手の松菱金属工業(本社・埼玉県飯能市、社長・赤松將雄氏)は4月契約分から、棒線二次加工製品の加工賃について、トン当たり3千~5千円引き上げると発表した。 電気・ガスなどのエネルギー価格や副資材費なども高騰。製造コストの大幅な上昇を受け、加工賃改定に踏み切った。なお、今後の線材価格や諸コストの動向次第ではさらな...