東北地区市況は亜鉛めっき鋼板類、普通線材製品ともにメーカー主導で強含み。 普線製品は公共土木向けで契約残出荷を除き一服感が見られ、新規予算執行待ち。建築向けは新規工事が少なく基礎材、釘類の動きは低調。亜鉛めっき鋼板類は薄物で雪害対応が一部散見され5月以降地震に伴う外装修繕も出てくるとの見立て。厚物は倉庫建設向けが堅調だが、ゼネコンの受注競争...