大阪税関がこのほど発表した北陸3県(富山・石川・福井)の2020年貿易概況によると、3県の輸出額は前年比21・0%減の3664億円だった。新型コロナウイルス感染拡大による景気の低迷を受けて建設用・鉱山用機械や科学光学機器などの輸出が落ち込んだ。 輸入額は同21・2%減の3732億円だった。輸出・輸入額とも2年連続の減少となり、いずれもリーマ...