SC材(機械構造用炭素鋼)はS45C=12万円どころ中心で横ばい基調。一部で下押しの動きはあるが、市況全般が下がるには至っていない。 4月の荷動きは「3月比2、3割減」(扱い筋)との声が多かった。「仲間商いでは1件当たりの数量が2割ほど減少している」(同)といった声が聞かれた。建機関連などヒモ付き販売は5月に一段と落ち込む。「ユーザーにもよ...